Pocket
LINEで送る

現在加入している保険を見直した際の対処法の1つとして「解約」が挙げられます。

解約することで他の商品へ乗り換えたり保険料を抑えたりすることができます。しかし、その一方で様々なデメリットも生じてきます

そこで今回はいきなり解約を考える前にやるべきポイント、また解約以外の対処法についてご紹介していきます。保険の見直しで解約を検討されている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1、保険見直しのタイミングはいつ?

保険は一度加入したらずっとそのままではなく、ライフステージが変わったときなど見直しをして、ご自身に適したプランに変更する必要があります。

では、保険見直しのタイミングとはいつなのでしょうか?以下にてそのタイミングについて紹介していきます。

(1)ライフステージが変化したとき

まず最初に挙げられるのはライフステージが変化したときです。

①結婚

保険に加入する大きな目的として、身近な家族のためというのが挙げられます。結婚し新たに家庭を持つとなれば保障内容も金額も変わってきます。そこで今の状況に合わせた保障を持つうえで保険の見直しは大いに考えられます。

一方、離婚の時も同じく保険を見直す必要があります。離婚時の保険について詳しくは「離婚保険」の記事を参照にしてみてください。

②転職

転職をすると生活スタイルが変わるのはもちろん、給与や仕事内容によっては自身が負うリスクも変わってきます

そのため保険の見直しを考えるタイミングであると言えます。

③家族構成の変化

家族構成が変化するとそれだけ守る人が増えるので、保障を見直す必要が出てきます。また収支も変わってくるので、保障内容だけでなく保険料を見直すことも考えられます。具体的には、以下のような家族構成の変化が挙げられます。

  • 子どもが生まれたとき
  • 子供が成人になり扶養から外れたとき
  • 配偶者が扶養になったとき
  • 配偶者が扶養から外れたとき

(2)投資を始めたとき

資産形成や資産運用をする上で重要なことは、自分自身の資産のポートフォリオ全体を把握すること、そして、それぞれの投資商品がどんな役割を担っているのかを把握することが必要です。

例えば、不動産投資で不動産を購入された時、融資を活用して不動産を購入された場合、団体信用生命保険に加入することになります。新たな生命保険が付いてくるため、今現状の保障が過剰になってしまったというケースも少なくありません。

また、最近の団体信用保険は死亡保障の以外に、8大疾病、ケガなど医療保険の保障もカバーしてくれる商品が出ていますので、生命保険だけではなく医療保険も見直しすることによって、払いすぎた保険料を他の投資商品に投資することができるようになります。

(3)新たな貯蓄性の金融商品をスタートするとき

生命保険に対し、保障目的でなく貯蓄目的で加入していた場合です。保険は銀行よりは貯蓄性に優れていますが、元々貯蓄性に特化した金融商品には劣ります。そこで新たに貯蓄を始めようとする場合、厚くなっていった保険料を見直すことで効率的に保障を持つことができます。

(4)自分の保障内容がわからず不安になったとき

加入当初は内容を把握していても、その後内容は忘れてしまい、ただ漠然とお金だけを払っている状況に陥ってしまう方が9割を超えていると言われています。

いざ保障が必要となったときに自分の意図していたものと異なっていたなど、せっかく備えていたのに意味がなかったことにならないよう、大切なパートナーを守る意味でも保障内容は把握しておく必要があります。

(5)特別条件がついてしまっている方

保険に加入した当初、健康状態に問題があり保険料が高く設定されていたり、保障内容が限定されていることがあります。

しかし、一定期間経った後であればそういった制限なく保険に加入することも可能です。このように特別条件をつけて加入されていた方は、ぜひ一度見直しをしましょう。

2、解約となったときに確認すべき3つのポイントとは?

上記で紹介した見直しのタイミングで保険を見直して、解約と検討したときは、損にならないように、もしくは損失を最小限におさえるため、手続きをする前に下記3つのポイントを確認するようにしましょう。

(1)解約返戻金の有無

保険の種類にもよりますが、今まで払った保険料に対し解約の際に返還されるお金が解約返戻金です。

一般的には早期での解約は今まで払ってきた保険料の合計に対し、元金割れと言って解約返戻金が少なくなることがほとんどです。

また、保険商品によって中には解約返戻金がないものもあるので、解約返戻金の有無、どれくらいの金額が返ってくるのかを確認するようにしましょう。

(2)保障のない期間

既加入の保険を解約してから新しい保険に加入する場合、保障を移行する期間が必要になるため保障を持ってない期間が出てしまいます

そのため保障を見直しするなら、新しい保険が成立したタイミングで今までの保険を解約した方がいいと言えます。

(3)健康状態の問題

保険を解約して他の保険商品に加入しないならいいのですが、新しく保険に加入する場合、健康状態を申告する告知をします。

直近で通院したり、健康診断で異常を指摘された場合は、条件が付いたり保険料が上がることがありますので、新しく加入する保険の保険料が高くなるケースがあること注意しておく必要があります。

3、実際に解約するときの流れ

最後に実際に解約する時の流れをご紹介します。

基本的には解約は各保険会社に連絡し、解約請求書を提出することで成立します。連絡方法は主に以下の3つがあります。

(1)お客様センターへ電話

契約の際受け取る重要事項説明書等に記載されている、電話番号へ連絡することで手続を始めることができます。

(2)保険会社の窓口

契約している保険会社の窓口へ直接解約を申し出ることができます。

(3)担当者へ連絡

保険の担当者へ連絡することで解約の手続きを進めてくれます。直接訪問し手続きを進めていく場合は、解約せずに他のアドバイスをして頂ける場合もあります。

(4)解約手続きに必要な書類

解約をする際は、

  • 保険の証券番号
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

が必要になります。

事前に用意しておきましょう。

4、解約しかない?損しないための方法は?

保険を解約する理由は様々だと思いますが、しかし、今加入している保険を解約することにあたって、

  • 新たな保険へ加入できない
  • 条件つきで逆に保険料が高くなる
  • 保障を持たない期間が生まれる

などリスクもあります。そのため、本当に解約しかないのか、解約以外にも対処の手段を知っておきましょう。

(1)主契約の減額

主契約の保障金額を下げることで保険料を下げることができます。

(2)特約を減らす

主契約以外の保障部分を削ることで保険料を抑えることができます。

(3)払い済み保険として置いておく

払い済み保険にした場合、それ以降の保険料を支払わずに持ち続けることができます。

保障金額は小さくなりますが、解約せずに持つことができるのはメリットと言えます。

(4)契約者貸し付け

一時的にまとまったお金が必要な時は、解約返戻金を担保にして保険会社からお金を借りることができます。借りられる金額は解約返戻金の78割といわれています。例えば解約返戻金が100万だったとしたら7090万程度のお金を保険会社から借りられます。

金利は保険会社によって異なりますが26%程度となっています。カードローンに比べ金利は低めに設定されていますが、万が一借入が担保を上回った場合は保険を解約しなければならないため、返済と解約の2つのリスクを負ってしまう点に注意しましょう。

返済方法は主に以下の3つが挙げられます。

  • 各保険会社のwebページから返済
  • 郵送される払込用紙での返済
  • 各保険会社の窓口での返済

まとめ

今回は保険の見直しについて紹介しました。

保険との向き合い方には加入、解約以外に様々な向き合い方があります。もちろん解約も1つの方法ではありますが様々なリスクもあります。そのため入った後どう扱うかも重要ですが、加入の段階から将来を見越したプランニングも重要になってきます。そのため幅広く金融知識を持った人へ話を聞くことで見直しリスクを抑えていきましょう。

あなたにおすすめの専門家

手塚 亜図夢(てづか あとむ)

所属会社
株式会社スマイル
担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川 静岡
担当分野
保障の相談 貯蓄の相談 資産形成の相談 生命保険の相談 医療保険の相談 個人年金の相談

そもそも保険加入の必要性があるかどうかから、一緒に考えていきます。知識ゼロでも、初めてのご相談でもご安心ください。

この担当者に相談する

坂元 亮伍(さかもと りょうご)

所属会社
株式会社 Core Management
担当エリア
宮崎 千葉 東京 神奈川 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 鹿児島
担当分野
保障の相談 貯蓄の相談 資産形成の相談 相続の相談 生命保険の相談 医療保険の相談 個人年金の相談 その他

楽しい商談空間を意識し、お客様とともに明るく楽しい未来を想像しながら、ベストなプランニングを提案させて頂きます。

この担当者に相談する

石井 奨悟(いしい しょうご)

所属会社
株式会社 Core Management
担当エリア
宮崎 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 鹿児島
担当分野
保障の相談 貯蓄の相談 資産形成の相談 生命保険の相談 医療保険の相談 個人年金の相談 その他

お客様の一生のお買い物を支える為、より幅広い知識で、より愉しく、アドバイスをさせていただきます。

この担当者に相談する

カテゴリー: 記事一覧
Pocket
LINEで送る