Pocket
LINEで送る

新たな命を授かる妊娠・出産は人生の中でも大きな喜びを感じられる瞬間と言えるでしょう。

しかし、妊娠・出産に向けて多くの準備が必要と同時に、体調が悪くなったり、妊娠をすることによってかかる病気も多くあり、中には妊婦の命まで関わるような事態もありえます 

そこで妊娠をきっかけに、万が一な時にそなえ保険の加入を検討されている方も多いのではないでしょうか。しかし、妊娠してからだと保険に加入できなくなったり、加入できる保険が限られるなど、不利な条件になるケースが多く、本当に加入すべきかと悩まれている方も少なくないでしょう。

そこで今回は、妊娠のリスク、妊娠に伴って保険に対する考え方、加入できる保険商品などについて書いていきます。妊娠されて保険の加入で悩まれている方は、ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

1、妊娠・出産に保険必要?妊娠・出産におけるリスク

まず最初に、妊娠・出産においてどのようなリスクがあるか把握しておきましょう。

主なリスクは 

  • 切迫流産
  • 重度のつわり
  • 帝王切開
  • 妊娠高血圧症
  • 妊娠糖尿病 

などがあり、入院が必要になることもあります。

通常分娩の場合、国から「出産一時金」が支給され、あまり費用が掛からないため、保険はいらないと考えるかもしれませんが、しかし、上記のような病気になり治療が必要になってくることもあります。

妊娠・出産において医師の治療が必要となった時には、健康保険が適用されます。その場合には民間の保険も役に立ってきます。 

2、出産のときは国から出産一時金が支給される 

妊娠や出産をした場合に、実際にどのような出費があるのかを把握しておきましょう。

出産する際に分娩・出産費用の総額は平成28年度で東京都の平均は62.1万円となっております。

妊娠や出産は病気ではありませんので医療費には健康保険の対象とはならず、費用がかかります。 

しかし、出産時に国から「出産一時金」をもらうことができることから、実際に通常の自然分娩の場合は、自己負担は数万円程度になります。「出産一時金」は出産した子供一人につき基本額42万円が支給される制度です。

支給の条件は以下となっております。 

  • 健康保険に加入していること
  • 妊娠4か月以上で出産していること

なお、もし双子の場合は人数分受け取ることができます。 

また、加入している健康保険組合によっては基本額に加えて、給付金を受け取れるケースもありますので、確認することをオススメします。 

3、万が一に備えて保険に加入すべき?妊娠・出産向けの保険は?

妊娠・出産における出費を見てきましたが、万が一に備える場合にどんな保険に加入することが考えられるか見ていきましょう。 

(1)医療保険

まずは医療保険です。病気やケガで入院手術した場合に保障が受け取れる保険です。

日本は社会制度が充実しているので、入院や手術をしても大きな負担はかからないようになっております。

しかしながら、入院手術時は治療代以外にも、差額ベット代や食費といったものが自己負担となってきます。 

ベット代は都内で平均5,800円、食費は一食360円かかるといわれています。それらに備えて医療保険の加入を考える方もいらっしゃるかもしれません。

(2)死亡保険 

次に死亡保険です。

出産は命に係わる可能性もあります。万が一の事が起こった際には一人で子供を育てていかなければならない可能性もあります 

しかし、子供を育てながら多くの収入を得ることは簡単な事ではありません。万が一の事を考えて死亡保険の加入が必要となってくるかもしれません。

現在は死亡保険と言っても定期型や終身、返戻金がある保険など多種多様となっております。ご自身のライフプランにあった保険選びがとても重要となってきます。 

なお、医療保険、生命保険とも妊娠中でも加入できますが、妊娠周期や異常妊娠があると条件が付く事があること認識しておきましょう。 

4、加入するならいつがよい?加入するタイミングは?

中には妊娠してまだ、保険に加入していない方も少なくないでしょう。妊娠中でも保険に加入することはできます。

しかし、27週を超えてくると保険の加入が難しくなってくることが多いです。

従って、保険に加入するなら、なるべく早く加入することをお勧めします。 

ただし、加入できたとしても条件付きの保障となり直近の出産では適用されない場合もありますので、契約内容についてきちんと確認するようにしましょう。 

また、帝王切開で出産した場合は、手術から5年以内は加入が難しい場合や、条件が付くこともあります。そうなるとせっかく見直しをしようと思っても、次契約に良い条件で入れない可能性もありますので、早い段階で検討することがとても大切となってきます。 

5、加入しないという選択肢もあり

妊娠・出産に備えての加入の必要性は、人それぞれなので加入しないという選択肢もあります。 

しかし、出産と同時に新しい家族が増えて親としての責任も増えてきます。 

ライフプランを見直すきっかけにもなりますので、パートナーと一緒に見直すに良い機会になるかと思います。

出産時のみならず子供が大きくなるまでの間も様々なリスクが考えられますので、それらに備えて一度見直してみてはいかがでしょうか。

まとめ 

いかがでしたでしょうか。

妊娠・出産は様々なリスクを抱えながらになりますので、万が一な時に備えて保険を検討するといいでしょう。また、目の前の妊娠・出産だけではなく、家族が増えるというタイミングで今までの保険を見なすいい機会とも言えます。 

保険にはたくさんの種類があり、人それぞれ合うものも変わってきます。ぜひ、一度プロに相談してみましょう。

あなたにおすすめの専門家

手塚 亜図夢(てづか あとむ)

所属会社
株式会社スマイル
担当エリア
埼玉 千葉 東京 神奈川 静岡
担当分野
保障の相談 貯蓄の相談 資産形成の相談 生命保険の相談 医療保険の相談 個人年金の相談

そもそも保険加入の必要性があるかどうかから、一緒に考えていきます。知識ゼロでも、初めてのご相談でもご安心ください。

この担当者に相談する

坂元 亮伍(さかもと りょうご)

所属会社
株式会社 Core Management
担当エリア
宮崎 千葉 東京 神奈川 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 鹿児島
担当分野
保障の相談 貯蓄の相談 資産形成の相談 相続の相談 生命保険の相談 医療保険の相談 個人年金の相談 その他

楽しい商談空間を意識し、お客様とともに明るく楽しい未来を想像しながら、ベストなプランニングを提案させて頂きます。

この担当者に相談する

石田 渉(いしだ わたる)

所属会社
株式会社 Core Management
担当エリア
福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 名古屋 大阪
担当分野
保障の相談 貯蓄の相談 資産形成の相談 相続の相談 事業承継の相談 生命保険の相談 医療保険の相談 個人年金の相談 その他

年間300人以上の投資家に提案するノウハウを活かし、あなたに合った投資プランをご提案します。

この担当者に相談する

Pocket
LINEで送る