Pocket
LINEで送る

  • 「生命保険の月々の保険料を安くできたらな…。」
  • 「今年で生命保険も更新か…こんなに値段上がるの?」

このように生命保険の保険料を安くしたいという方、非常に多いのではないでしょうか。 

家計の節約をするとなると、電気やガス、水道、携帯代などの「固定費」から見直すのが一般的です。

その固定費の中には割合を大きく占めている「生命保険の保険料」も見直し対象となっていて、契約時の証券や設計書を見れば見るほど 

  • 「この保障内容に対してこの保険料金は本当に妥当なの…?」
  • 「この保険って私に必要なんだっけ…?」
  • 「そもそも保険の内容がよくわからないぞ…難しいな…」

そう思われたことがある方も多いのではないでしょうか?

日本人は世界に比べて金融に対する知識や考え方が、非常に遅れていると言われています。 

それは何故でしょうか。 

答えはシンプルに「金融知識を学ぶ機会が無かったから」です。 

また保険への加入の際に、

  • 「とりあえず安い保険でお願いします」
  • 「最近広告でよく見かけるし、これでいいかな」

と、あまり保険内容を詳しく確認せずに加入しているので、将来的な失敗に繋がり易く、かつ、見直しをした際に内容や金額が劇的に変わる可能性も非常に高くなります

生命保険は若くて健康な方が有利に契約することができる金融商品です。 

  • 「書類を探すのが面倒だし…」
  • 「難しそうだし…」

といった理由で後回しにせず、今回この記事を読んだ機に、一度内容を見直してみませんか?

1、今現状の加入状況を確認する

保険に加入されていて、その保険の見直しをしたいという方に、私はよく 

「内容を今、この場で教えていただけませんか?」

と、質問をさせていただくのですが、正直ほとんどの方が答えることができていません。

  • 「保険の見直しをしたい」
  • 「保険料を安くしたい」

という目的(ゴール)があるのにも関わらず、実際のところみなさんはご自身が加入されている保険について何も知らないのです。

簡単な例を挙げますと、

「ここから北海道に行きたい!」

という目的(ゴール)があるのに 

「では、あなたは今どこにいるの?」 

という質問に対して

「わかりません。」

と言っているようなものです。

まずは見直しをする前に、自分自身の立ち位置を明確にしましょう。これが最初のステップです。

2、保障内容を確認する

日本には今現在、約40社の保険会社があり、保険の種類も

  • 医療保険
  • 終身保険
  • がん保険
  • 収入保障保険
  • 年金保険

など1000種類以上の保険があります。もちろんそれぞれの内容が異なってくるため、保障の内容を確認する必要があります。

では、具体的には何を確認すればいいのでしょうか?

ここでご自身が加入している保険について確認するポイントは3つあります。

(1)保険金額

一つ目は「保険金額」です。 

すなわち、お客様自身の立ち位置を明確にしたうえで、「いくらの保障が必要なのか」を確認することです。

  • 500万円なのか1,000万円なのか
  • 毎月10万円必要なのか20万円なのか

これは収入や家族状況、職業に貯金額など、様々な要因で変化していきます。 

(2)払込期間 

二つ目は「払込期間」です。

これは「保険料をいつまで払い続けるのか」を確認することです。

  • 定年退職時までにするのか、それ以前なのか
  • もしくは終身で払い続けるのか

ここに関しましては、お客様の理想や保険の内容によっても大きく変わっていきます。

(3)保障期間 

三つめは「保障期間」です。

これはすなわち、「いつまで保障を持つのか」を確認することです。

払込期間と同じく、

  • 定年退職時なのかそれ以前なのか
  • 終身で備えるのか
  • お子様の自立までなのか

保障期間はご自身のライフスタイルなどによって異なりますので、一概には言えませんし、正解もありません。

お客様の理想とするライフプランによって大きく変わっていきます。 

3、安くしたらきちんとした保障が得られるか?

保険業界で起こっている問題がまさにここです。 

例えば、歯医者さんに診察に行った時の費用が3,000円かかったときに、この費用が高いのか安いのか、判断することはできますか?

結論から言うと、おそらくほとんどの方はできないと思います。なぜならば、「判断基準が無い」からです。

  • この診察に対してであれば幾ら
  • これであれば幾ら

という、判断基準をそもそも持ち合わせていないため、高いのか安いのかを判断することができません。すなわち「知識が無い」ということです。 

専門知識がない中で判断することができないのは仕方がありません。従って、金融のプロとして仕事をしている人間を素直に頼ってみてください

保険料は安ければいいという問題ではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

保険の見直しにあたってのポイントを解説させていただきましたが、この考え方は一つの考え方に過ぎませんので、一つの参考としていただければ幸いです。

  • 「やっぱり自分自身での保険の取捨選択は難しそうだな…」
  • 「見直しに向けての流れはなんとなくわかったけれど、誰に聞けばいいか…」

少しでもそう思われたならば、保険だけのプロではなく、私たち金融のプロに一度お話を聞いてみるとお力になれるかもしれません。

保険だけに限らず、金融商品は世の中にたくさんあります。様々な金融商品をより総合的にバランスを見て組み合わせ、設計させていただきます 

是非お気軽にご相談くださいませ。